I can fly ↑

grandjete.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 29日

phase 37 Freedom and unlimited possibilities

私の手帳は今年真っ黒だった。毎日何かのイベントがある。
まあ殆どが仕事。

最初の会社は常ににリミットがあった。分単位だった。
2番目の会社では時間との戦いだった。人の命もかかっていた。
今の仕事は自分で好きな様に予定を組める。自分のしたい様にやればいい。
結果さえだせれば、バレない様にすれば、家で一日いても良い。

全て営業職だが、全部違う。

ただ、職種が変るといくら社会人経験があっても覚える事は多い。
昨年2月に入った私にはまず今の会社でやって行く事で自由はなかった。

そのうち、家族の問題で仕事にも打ち込めなくなる事態になった。
そして、家族を失った。

自分の中で一番大切な物をいとも簡単に失った。
その後も次々と不幸に見舞われた。
ドラマの主人公よりももっとリアルで、喜劇にもなる毎日だった。

今日は上司より、今期の評価が言い渡された。
結果はABCDEの中でD。1年後に昇進を控えた私には致命的な評価だった。
答えは簡単。いくら営業成績が良くても、事故、違反が多かったからだ。
今私は2回目の免停期間中。
昨年まで無事故無違反のゴールド免許だったのが嘘の様だ。

でも、まあ、何て事はあるけど、仕方のない事だ。
この一年間の精神状態と担当が倍になったのにも関わらず、計画は達成して
事故で死ななかった、だけでも良かったと思う。

前置きが長くなったけど、今日なんとなく自由を感じた。
実際はやらないと行けない事は一杯ある。今日夕方一仕事終わった時に
「ま、今日はこのまま帰ろうか。」と思って家に帰った。

「今日これから、何をしようかな?」から始まって、
「明日どうしようかな。」
「まてよ。これからどうしようかな?」
「これからどうやって生きていこうかな?」
「もっとやるべき事が他にあるんじゃないのかな?」
「もっと自由に好き勝手に自分の思うがままに仕事したらいいかな?」
「仕事のやり方もっと変えてみようかな?」
「もっと自由に好き勝手に自分の事思ってもいいんじゃないのかな?」

といいながら、私は非常にマイペースな人間。
営業だけど、ライバル会社とも喧嘩はしない。いつも笑っている。
取引先にも何故かかわいがられている。最近それがわかったり、知ったりして
楽しくなってきた。
もちろん、意地悪な人は沢山いるけれど、そうでない人の方が私の周りには
多いと思う。

家に帰って一人で無性に悲しくて、寂しくて、泣きたくて、泣いてどうしようもない時も
あるけど。(ちなみに1年前まではそんな事は皆無でした。今は鬱病だから仕方がない)

あるけれども、今日はとてつもなく自由と無限の可能性を自分に感じた。

制限する物は何もない。自分のしたい様に仕事もすればいい。
私は私の商品を売っているつもりはあんまりない。
どちらかと言えば、取引先の人と、競合メーカー含めて、自分が関わる人全てと
笑って楽しんで、私を気に入ってもらって、結果的にそれが色々な形で繋がって、
それで結果的に自分の計画を達成すればいいと思っている。
単純に楽しんで仕事を今している。
(甘いと言われれば全くその通り。ただ、昔よりその傾向が強くなった。)

今私は実に快適な空間にいる。
一人だし、自分のしたいように仕事を組めるし、自分のしたい様に会社のお金を
使える決済権がある程度ある。
また、自分のしたい様にプライベートは過ごせば良い。だれも束縛する人がいないからだ。

但し、それでいいのか?
そこで、香港で言われた言葉を思い出す。
「Life is very very short,so You should enjoy your life.you should・・・.」
彼女の「enjoy」はあの時の感じでは本当に楽しむと言う感じだった。

私は自分の本当にやるべき事を見つけて、それに打ち込んで、楽しんで
好き勝手に生きて死にたい。

もう一度、私のしたい事?私が出来る事を冷静に見て、考えてやるときかもしれない。

だって、私には無限の可能性と自由があるんだから。
d0175787_222296.jpg

[PR]

by grand-jete | 2010-11-29 22:02 | 日記
2010年 11月 25日

phase 36 スタンレー

5年ぶりのスタンレー
当日は色々お祭りもやっていてにぎやかだったな。
d0175787_002443.jpg

[PR]

by grand-jete | 2010-11-25 00:00 | 写真
2010年 11月 23日

phase 35 契約書はMontblanc

香港での上司が最終日にプレゼントしてくれたMontblancのボールペン。
当時はこのモデルが出たばかりだった。
実は普通のタイプより重い。水晶が入っているからだ。
よって普段使いではない。従来品の方が軽くて書きやすい。
d0175787_21592535.jpg

ただ、それ以後自分でMontblancのボールペンは買っていない。
まだそこまでの人間ではないからだ。
(カメラに比べたらそれ程の値段でもないが)

普段使いではないので、契約書を書く際に使う。
頂いた時には結婚していたので、それ以後の契約書はいつもこのボールペン。

今日、また契約書にサインした。
弁護士との契約書と委任状だ。
ちなみに一年前の昨日元妻の浮気が発覚し、一年前の今日は証拠隠滅される前に
証拠品をプリントアウトしていた。(なんとも情けなく、かなしい日だった。)

ここから地獄のような日々が始まったが、1年なってあっと言う間だ。
時間が色々解決してくれる。

これからも自分で自分の人生を解決して行く。
今日は新たなスタートたる日だった。
[PR]

by grand-jete | 2010-11-23 22:00 | 日記
2010年 11月 23日

phase 34 Grand jeteについて

このブログの題名の[Grand jete」(グラン・ジュテ)に関しての今更ながらの説明です。

ブログを立ち上げるのは今回4回目。
いつもタイトル名には悩まされます。

1回目は香港出向に伴う、日本の友達とのつながりを持ちたかったから。
 結果いつの間にやら香港ブログではTOP10〜20の間を行ったり来たりしているうちに
 安易な気持ちで顔を出したばっかりに香港の得意先の課長の奥様が私のブログファンで
 あった為に得意先と日本サイドに知れ渡り、閉鎖へ。

2回目は当時結婚したばかりでありながら、単身赴任中であった為元妻との間での秘密の
 ブログ。これも一緒に住むようになったり、香港時代にもブログの中で喧嘩をしたりして
 閉鎖。

3回目のブログは1回目のブログの延長で信用のおける人やブログ上で知り合った人だけに
 お伝えして再会。当然ながら日記と写真が趣味で載せたかった為の為誰もしらないブログに。
 タイトルも当たり障りのない英語名にして安易にアクセスされないように。
 結果非常にローカルなブログへ。(会社の人には絶対に教えなかった)
 但し、日本に帰って来て香港人の友達とをつなぐブログになった。

4回目の今回は離婚を期に本当に日記と写真を載せる+香港人の友達とこれまでブログ上で
 やりとりのあった人をさらに厳選してお伝えした上でスタートしました。
 よってさらにマイナーなブログとなってしまいました。
 何より、書いている事も暗いしあまり気持ちの良いものではないと思いますが、
 それでも誰かに聞いてもらえないとやりきれない時や、嬉しい時などに投稿しています。
 また、そんな内容でもコメントやイベントのお誘いを頂ける心暖かい方に助けられて
 最近は投稿する機会も増えてきました。

前置きが長くなりましたが、グランジュテとは今年9月に放送が終了した
NHK教育テレビで『グラン・ジュテ~私が跳んだ日』から頂きました。

さまざまな女性の職業人生を追っているヒューマン・ドキュメンタリーで
時々見ては私はいろいろにエネルギーをもらっていました。

『プロジェクトX』のように壮大なドラマ仕立てでなく、
『情熱大陸』のように超有名人を扱っていない。
どちらかといえば普通の人が職業人生を切り開いていく物語で、
自分と等身大のスケールで観ることができる。
だから余計に現実味を帯びたエネルギーをもらえる。

番組タイトル名のグラン・ジュテとは、「大きな跳躍」という意味です。
(バレエの専門用語から取っているという)。
毎回登場する主人公は、さまざまなきっかけや出来事によってその世界に入り、
苦労や忍耐を重ねる。小さな成功に有頂天になるときもあるが、その後長く続く、
ほんとうの試練にさらされて、次第に天狗鼻も削り落とされてゆく。
その下積みのようなプロセスを番組はていねいに追っている。
その下積みの間の心理変化や、主人公のあきらめない心の持ちようこそが、
この番組の一番の肝である。私もそこに強い関心を置いていました。

私は33年の人生で色々な転機を迎えてきました。
その中で今回の離婚と裏切りが一番大きな「挫折」であったと感じています。
逆にこれまでの人生が多忙といえどもなんと幸せであったかと言う事。

ただ、私は営業職と言う事と現来の性格上、これまでの人生を面白おかしく人に話して
仕事していますが、その際に色々人の悩みを聞く事も多くなり
さらに離婚後に起る様々なトラブルを足したとしても、如何にまだまだ自分は
恵まれた存在であり、またどんな人にも人には語れない悩み、苦しみを抱えている。
と言う事が以前にも増して分かる様になりました。

実は今日も落ち込んで14時までは家で寝ていました。
ただ、離婚問題で有給がない私は言ってみればズル休み。
原因は昨日の息子に言われた、誰から教えてもらったのか
「今日きてくれてあーとう。」の一言。

京都から帰って来てから、言いようのない寂しさに襲われ、誰かに電話したくても
話す相手がいない。(そもそも日曜の22時を過ぎて電話もらった方は迷惑千万だ。)

朝起きたら、体が駄目だった。改めて鬱病を感じる。
それでもなんとか起きだして事務処理をし、弁護士先生と契約書に関しての相談。
その後夕方から営業再開。
夜はいつも看てもらっている精神科のクリニックの先生と看護士さん達に香港で作った水晶の
ブレスレットをプレゼントしに行く。4人全員が女性の為非常に喜んでもらえた。

ただただ、嬉しかった。

私のグランジュテ。いつかきっと起きます様に。
d0175787_1543895.jpg

マカオ 聖ポール天主堂 前にて翼を広げる少女
[PR]

by grand-jete | 2010-11-23 01:57 | grand jeteについて
2010年 11月 21日

phase 33 面会日

本日は11月の面会日。
前回は風邪で3時間で終わってしまったが、今日は元気との事。
ただ、結局飛ばしすぎて、疲れ果てててしまったのか4時間後急に
「しんどい。かえりたい。」
と言った。たしかに熱っぽい。

「わかった。じゃあ帰ろうか。」

「帰る時間でしょ?」

「いや、まだ全然大丈夫だよ。少し車の中で寝たら元気になるよ。」

「うん。今日は、会いに来てくれてあーとう。」
との事。

「そんな事言わなくていいよ。また年末来るからね。」

今日は私のキスの要求を100%飲んでくれた。
d0175787_22195287.jpg


なんだろうなー。この感じ。
でも私の事は大好きのようだ。やっぱり会い続けてよかった。
これからも会い続けよう。
[PR]

by grand-jete | 2010-11-21 22:22 | 日記
2010年 11月 15日

phase 32 Mrs.Jacqueline

4日間の滞在で心に残った言葉の1つ。

最後の日の昼食を初日に会えなかった元会社の同じチームのアシスタントの女性と
昼食をする機会が出来た。
彼女は今も当時と同じオフィスで働いている。
当時20数名いた日本人スタッフは中国各地に移り、100人はいた香港人スタッフも
今はほとんどいない。ビルの1フロアを貸し切っていたが、今は半分になっていた。

そのビルに私が当時好きだった小龍包のおいしい店が店舗拡大で入っていた。
そちらで5年ぶりの再会。

彼女はALL 英語、私は残念ながらほとんど英語ができない。
片言の英語で話し合う。

彼女は私の離婚の話を知らなく、それを知るとこういった。
「Life is very very short,so You should enjoy your life.you should・・・.」
彼女はマレーシア人であり、仕事をリタイアしたら、香港人の旦那さんと息子と3人で
マレーシアに住みたいと言っていた。

闊達な笑顔と話している時の表情は当時のままで相変わらず素敵なマダムという感じだった。
英語ができない私にとってこの分かりやすい言葉が心に残った。

毎日何気なく口ずさむ。
「Life is very very short,so I should enjoy my life.I should!」
d0175787_2272797.jpg

新港中心 ここで5年前働いていました。
[PR]

by grand-jete | 2010-11-15 21:42 | 日記
2010年 11月 12日

phase 31 It's been a long time!

香港、マカオ、中国(深圳、東芫)から帰ってきました。
香港人の元同僚10人、日本人の元先輩1人に会ってきました。

中でも前回日本に会いに来てくれた友達が4日間、有給も取ってくれて
寝泊まりもさせてもらって、ずっと付き合ってもらいました。
本当にお世話になりました。

彼はどちらかというとシャイな所があるんだけど、日本人より
義理人情に厚く、日本に永住したい夢を持ち、またちょっとやそっとでは
動じない器の大きい人です。

今回は彼のお陰で沢山の人に再会でき、色々な所に連れて行ってもらい
沢山写真を撮る私に文句も言わず、買い物にも付き合ってもらい大変楽しい時間
を共に過ごす事が出来ました。4日間で全て希望通りの事をさせてもらいました。
d0175787_23552742.jpg

尖沙咀 昔の会社の勤務先の近く

色々な人に会って勉強させてもらいました。
有り難うございました。
[PR]

by grand-jete | 2010-11-12 23:59 | 日記
2010年 11月 10日

phase 30 Come back to Hong Kong

11月12日より11月15日まで5年ぶりに香港にもどります。
ずっと帰りたかった香港。
私の人生において多大なる影響を及ぼした香港、そして友達。

みんなに会える。

すごく楽しみです。
みんなのその後の5年間を私に教えて下さい。

今回は昔の会社つながりの方ばかりの為、連絡していない会えない家族もいますが、
またそれは次回と言う事で。(もしかしたら日本で会えるかもしれないし。)

今回色々企画してくれているみなさん。本当にありがとうございます。
今日まで非常に忙しく、全く連絡を取る暇もなかったけど、スケジューリングしてくれて
本当に嬉しいです。

残念ながら、全く英語は上達してませんが・・・。
嬉しくて泣いちゃうかもしれないな。
d0175787_23152956.jpg

Ocean Park Hong Kong 2005
[PR]

by grand-jete | 2010-11-10 23:15 | 日記
2010年 11月 04日

phase 29立証

昨日の私は、12ヶ月点検の為にプジョーの修理工場に車を持っていった。
その前にクーポンチケットが来ていたので以前住んでいた町により、ネクタイとコートを買った。
家に帰って、弁護士に渡すこれまでの経緯の作成。
最悪の場合を想定して、6ヶ月前から取りためた相手との会話の録音を聞いてエクセルで文章にする。
できればこれを聞きたくなかったので、和解したかったのだが・・・・。

正直ショックの方が大きくて、当時の記憶があまりない。
それをレコーダーが思い出させてくれた。

鬱病の私はそれを思い出したくなかったの避けてきたが、腹が据わった為聞けた。
当時の事が思い出せた。
改めて聞いて思ったのが、「なんて酷い奴なんだ。」と言う事と録音されていると気づかずに
言いたい放題の相手と相手が裁判でいくら否認しようが、すべて自分で話してくれていた為に
言い訳しようがないなと改めて安心した。

ただ、分かっている事は私に払われる慰謝料は弁護士費用に全て消えてしまうであろうと言う事と
もしかしたらマイナスになるかもしれないと言う事。

現実の世界は厳しい。でも録音の内容を聞けば聞くほど
「やっぱりこれは裁判で決着しないと次の人生には進めないな。たとえ損しても。」
と言う事。

ちなみに、盗聴器を仕掛けての盗聴は法律的に駄目ですが、秘密録音は問題ありません。
罪の重さとして 相手のした事>秘密録音 らしいです。それを分かった上でやってます。

秘密録音しても、その内容を聞いたら、元妻と相手のした事がいかに酷いか。
嘘って残酷です。
d0175787_0325468.jpg

 
[PR]

by grand-jete | 2010-11-04 23:30 | 日記
2010年 11月 03日

phase 28 私の夢

私の夢
1.360度地平線が見える場所に行ってみたい。→11年前に実現。
2.満天の星空を見たい→11年前に実現。
3.わさびを作っている田んぼ(?)を見たい。
4.川の水源がみたい。
5.ヨーロッパに行きたい。
6.オーロラをみたい。
7.英語がペラペラになりたい。
8.死ぬまでに地球を宇宙からみたい。

家族や、幸せになりたいなど色々その他ありますが、
経験、実現したい事を難易順に並べました。
まだまだ全然できてないですが、ちゃんと計画して実現したいですね。
夢の番外編ですが、ずっと行きたかった、会いたかった人たちに会いに
来週末から香港に行ってきます。
そろそろ友達にきちんとスケジュールを相談しないと・・・。
d0175787_23414781.jpg

このレンズすごい。一番のお気に入りです。
[PR]

by grand-jete | 2010-11-03 23:42 | 日記